専門業者に依頼し安全にハチ退治をしてもらいましょう

理由を知って活用しよう

悩むウーマン

都心部でも害獣による被害が増えてきて、対策が必要です。既に荒らされて困っている場合は早めに害獣駆除の必要がありますが、この時に大切になってくるポイントが信頼できる業者を見つけて、依頼することになります。

怖い虫の被害を回避する

蜂

1匹見つけたら業者を呼ぶ

暖かい季節になると、虫も活発に活動するようになります。虫が苦手な人にとってはとても嫌な時期ですが、単に嫌だというだけでは済まなくなるケースもあります。実は、毛虫やハチの中にはかなり強い毒を持っている種類のものがいます。日本では、ハチ毒によるアナフィラキシーショックで毎年20人前後の人が亡くなっています。アナフィラキシーショックを引き起こす代表的なハチは、スズメバチやアシナガバチです。刺された後で強い嘔吐や寒気などの症状が現れた時は、すぐに救急車を呼ぶようにした方がよいです。2度刺されないとアナフィラキシーショックは起こらないと思い込んでいる人が多いですが、1度刺されただけで重篤な症状に陥ってしまう人もいます。ですから、刺された後の対処方法を心配するよりも、まずは刺されないようにすることが非常に重要になってきます。望ましいのは、家の周りでハチを1匹でも見つけたら、すぐにハチ退治の専門業者に来てもらうようにすることです。巣が小さいうち退治する方が簡単なので、早めに対処することが大切です。

全部任せてしまえます

業者に支払う費用を惜しんで自分でハチ退治をしようとする人がたまにいますが、そのような無謀なことは絶対にやめておいた方がよいです。刺されないように雨合羽やゴミ袋などでガードしても、スズメバチの毒バリはそれらの物を楽に刺し貫いてしまいます。アナフィラキシーショックで死にそうになってから後悔しても遅すぎますので、最初から専門業者に退治を依頼するのが賢明です。業者は、ハチ退治用の道具や薬剤を持っていますし、ハチの習性をよく理解していますので、短時間で巣のありかを探し出してくれます。外を飛び回っているハチだけを退治しても、大元である巣を除去しなくては何の意味もありません。スズメバチの巣はかなり巨大化しますから、素人では手に負いかねます。専門業者に頼めば、どんなに大きな巣でも確実に取り除いてもらうことができるため、安心して任せることができます。

ハチの巣を駆除

蜂

ハチの巣を発見したら確認するべきことが2つあります。それはハチの種類の特定と巣が活動状態にあるのかの2つです。活動しているようであれば、駆除をします。防護服で全身を覆って長い棒の先端に取り付けた殺虫剤で巣に向かって噴射しましょう。

住宅と近隣で安全確保

ハチの巣

スズメバチの巣を見つけた場合、駆除と撤去をすることが理想的です。攻撃性が高いスズメバチは、光や香りなど刺激を感じたり、近寄るだけでも敵だとみなす恐れがあります。特に7月以降は活発に活動していることから専門業者に依頼して確実な駆除を検討しましょう。