住宅と近隣で安全確保|専門業者に依頼し安全にハチ退治をしてもらいましょう

専門業者に依頼し安全にハチ退治をしてもらいましょう

住宅と近隣で安全確保

ハチの巣

危険を避けるために処分

スズメバチは比較的大型で強い攻撃性を持っています。一度刺されるだけでも痛いのですが、二度目に刺されるとアナフィラキシーショックを起こすリスクがあります。30分以内に嘔吐やめまい、顔が青ざめるなどショック症状が起こり、迅速な処置をしないと最悪のケースでは死に至る可能性もあります。万が一、巣を発見したら、周囲の安全も考えて放置せずに駆除することが薦められています。スズメバチは駆除するだけではなく、万全を期するために巣を撤去することが必要です。巣が残っていれば戻ってくる確率も高くなり、安全性を確保したとは言い難いでしょう。駆除経験を持たない方が作業しようとしても不安を感じることから、専門業者に依頼するケースが増えています。

撤去する注意点

スズメバチ巣を自分で駆除しようと考えている方は、注意点を把握しておきましょう。スズメバチは攻撃性が高いことから、刺激を与えないことが重要です。まず、駆除の時間は夕方から夜の暗い時間で光の刺激を避けて実施します。雨合羽などを着用してスズメバチとの接点を完全に立ったうえで、駆除を行いましょう。男女に関わらず香水をつける方は、香りが蜂を刺激するのでつけないことが推奨されています。準備が出来たら専用の殺虫剤を噴霧して音が聞こえなくなった段階で、ごみ袋の中に巣を落とすように入れ、逃げ出してこないように封をしましょう。音が聞こえなくなっても中で生きている蜂もいるため、慎重な作業を心掛けるようにしてください。